事例

過去にお請けした業務内容とお客様の一部を、
ご紹介いたします。

面倒な作業の多いDM発送
DM(ダイレクトメール)は、発送のために煩わしい作業をいくつも行う必要があります。デザイン制作から、送付先名簿の集計・作成、フライヤー印刷、宛名印字、発送依頼など、自社で行うとコストがかさむ業務が多いです。
多くの場合、データ入力会社、印刷会社、郵便発送代行会社など、それぞれのスペシャリストに依頼をしますが、個別の外部委託によりオーバーヘッドが生じてしまい、発送の迅速化を図るのが難しいでしょう。
そこで弊社が、DM送付に付随する業務を一括で代行するソリューションをご提供します。
回収から発送まで、DM一括代行サービス
本事例は広告代理店様からのご依頼でした。新聞や雑誌にて広告展開をされており、商品カタログや試供サンプルを無料提供するキャンペーンで、応募者様のハガキ回収からDM発送までお手伝いさせて頂きました。
まず応募ハガキの送付先を弊社が設置する私書箱にし、定期的に応募ハガキの回収、入力を行いました。広告キャンペーンが一定期間運用される場合、特定の期間で区切り、定期的に回収を行います。そして回収したものから迅速に発送できるよう、データ入力、印刷、送付物の梱包を行える体制を整えます。
お客様の手元に早く届く!
応募者様の関心度は、時間が立つに連れて下がっていきます。すなわち応募者様がハガキを送付してから、なるべく早く手元に届くようにすることで、最終的な購買率を改善することができるのです。この点、回収から発送までをワンストップでアウトソースすれば、応募者様がDMを受領するまでの時間を短くすることができます。
またオプショナルで、Webなどの他メディアからの応募集計や、応募者様からの電話問い合わせ対応なども代行することができます。煩雑な運営事務局業務を一括代行することで、キャンペーン運営のコストカットと安定した運営をご提供することが可能になります。
「私書箱」の効果
応募者様のハガキ返送先を私書箱とすることにより、応募率が微増する傾向が見られます。一般的に上記のような一括代行サービスにおいて、応募ハガキの返送先はその代行請負会社の住所になることがあります。一見「〇〇事務局」との記載があっても、住所を調べると、キャンペーンの主催元とは違うことがわかります。ハガキの内容や目的によっては、応募者様に警戒感を与えないようにする必要が有るため、そのようなニーズがある場合、私書箱の利用は効果的といえるでしょう。

案件の概要
お客様業種:広告代理店
概要:ハガキ回収、入力、DM発送
数量:10,000枚
情報ソース:弊社私書箱にてハガキ回収
納品:お客様にご入稿頂いたDMを発送
納品形式:-
入力条件:基本項目、アンケート、希望商品サンプルの入力
事例に戻る
ページの上部へ戻る