事例

過去にお請けした業務内容とお客様の一部を、
ご紹介いたします。

営業書類や約款書類、取説など、このようなペーパー類は、どのような業種・職種においても、ロケーションが離れていたり部署や会社自体が違っていたりする場合は共有化したくても物理的に出来ない。

 

共有化出来ないことにより、日々の業務に余計なプロセスが生まれたり、無駄の多い人件費が使われたりしている現状が多くに存在する。

コストカットを目指す企業にとってこの部分は非常に盲点になりやすい。

 

弊社で提供するBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)はこのような無駄の多いフローを改善することが中心である。

事例として某企業(生損保業界)を下記に挙げる。

 

■【それまで】■

1商品ごとに存在する約款・定款などのしおり(冊子)、これを見ながらユーザーから日々の質問やクレームに対応しなければならない。

コンプライアンスの部署で処理をしていたが、そのフローは以下の通り。

 1.ユーザーからのTELやメールを受ける

 2.ユーザーの言っている内容からどの商品かを判断する

 3.全国200店舗以上ある営業所のどこに対象冊子が存在するかを調べる(冊子全体で3万冊以上)

 4.該当店舗にお願いをして、冊子を送ってもらう(ダンボール毎)

 5.到着したダンボールから該当冊子を探す

 6.冊子を特定出来た後、該当ページを探す

 7.該当ページを現場の営業へFAXする

 8.FAXを受け取った営業がお問い合わせがあったユーザーへコンタクト

→結果として 上記のフローでユーザーからコンタクトまでおよそ1ヶ月、時間的工数で言えば1回のお問い合わせで丸2日間以上

 

■【うるる提案 改善フロー】

1.ユーザーからTELがあった瞬間にキーワードをPC上で入力

2.絞り込んだキーワードにて該当ページ(該当冊子)を画面表示

3.営業へのメール送信ボタンを1回クリック

4.営業がプリントアウトしてお問い合わせがあったユーザーへコンタクト

→結果として TELが合ってからわずか5分のフローに改善。お客様も喜び、社内の工数が大幅に減少という結果となる。

 

■【うるる作業内容】■

1.すべての冊子の全ページをスキャニングにより電子イメージ化

  ※断裁出来ないものは手差しで取得

2.画像処理(ゴミ取り、トリミング等)にて新品同様のクオリティへ

3.1冊1PDFへ纏める

4.PDFへしおりを付ける

5.PDFへリンクを貼る

6.PDFへOCR処理を行う

  ※検索ヒット率を上げるため手選択

7.OCRの透明テキスト付きPDFが完成

8.全冊子を上記1~7の処理を行う

9.弊社制作のOCR全文検索システムへ登録

10.納入

 

案件の概要
お客様業種:生損保
概要:下記参照
数量:3万冊×30ページ
情報ソース:冊子状態
納品:サーバ、PDF、メディア
納品形式:透明テキスト付きPDF
入力条件:ー
事例に戻る
ページの上部へ戻る