事例

過去にお請けした業務内容とお客様の一部を、
ご紹介いたします。

銀行など金融機関のデータ入力
img7.png
「大量の紙」として保管されている申込書。データ入力を行うことで、マーケティングに役立てたり、省スペースを図ることができます。
しかし特定の業種においては、高度なセキュリティ要求により、原本を社外に出すことができない!というお客様がいらっしゃいます。そんな業種の一つとして、銀行様のデータ入力事例をご紹介します。
でも自前で入力では「精度」が低い
img8.png
銀行は、家族構成や信用情報などを含む詳細な個人情報を大量に扱うため、その原本の取り扱いは、非常に厳重な管理を行います。データ入力を行う際も、原本を行外に出すことができないため、専任のスタッフを雇って入力を行うことが多いようです。
しかし、自社スタッフはデータ入力のプロでは無いので、誤植が多くなる傾向にあるようです。ベリファイチェック(2人のスタッフが同じ原本を入力し、正しく入力されているか自動照合するチェック)も行わないので、その入力ミスを突き止めるのも困難になります。
そこで個人情報を消して入稿
img9.png
では、どうしたら原本を外に出して、データ入力専門の会社に依頼することができるか?その解決策として、個人情報部分を「消して」入稿する方法をご提案しました。
この事例では、顧客属性の調査が目的であったため、「個人情報」とされる部分の入力は不要でした。そこで銀行に高性能な専用スキャナーを持ち込み、銀行内でスキャンを行い、その画像上の個人情報部分を専用プログラムでマスキング処理(黒く塗りつぶし見えなくする処理)しました。
こうして個人情報の記載のないローン申込書の画像を、弊社の入力チームに送り、必要項目のみのデジタル化に成功しました。もちろん入力のプロが作業を行い、ベリファイチェックも行うので、99.98%の高精度を確保することができます。
他にもある、高セキュリティ・サービス
img10.png
「原本を外に出せない!しかしデータ入力したい!」金融機関のお客様からは、よくこのようなご要望を頂きます。その際、入力項目に個人情報を含むため、上記のようなマスキング処理もできない!というお客様もいらっしゃいます。
しかし、原本を外に出さなくても、データ入力サービスをご提供することは可能です。なんと、スキャナから入力チームまで、入力インフラ一式を金融機関内へ出張することも可能なのです。
あらゆる方法で、金融機関の強固なセキュリティ要求に応える、データ入力のアウトソース・サービスの提供を行うことが可能なので、ぜひ一度お問い合わせ下さい。

案件の概要
お客様業種:金融機関
概要:ローン申込書の入力
数量:30,000枚
情報ソース:下記の特殊な方法にて入稿
納品:弊社専用サーバーから納品
納品形式:Microsoft Excel形式ファイル
入力条件:必要な情報のみ入力
事例に戻る
ページの上部へ戻る