事例

過去にお請けした業務内容とお客様の一部を、
ご紹介いたします。

更新頻度が重要な「中規模情報サイト」
img17.png
あまねく一般的に、ユーザーや検索エンジンの評価において、更新頻度は重要な要素になります。ある程度のコンテンツを保持する中規模の情報サイトや、特定の提供形態のWebサービスにおいては、高頻度かつ多数の更新が中・長期的な競争力となるケースは多いと言えるでしょう。
本事例のお客様が運営する不動産情報サイト様も、そのようなWebサービスの一つです。今回、サイト上の物件情報の文言作成、画像のトリミング、投稿などの更新業務のアウトソースをご依頼頂きました。
なぜWebサイトの更新業務を外注するか?
img19.png
多くの場合、運営コストの削減のためにご依頼を頂きます。ある程度の規模があるWebサイトの更新業務であれば、多くの場合、アウトソースすることでコストカットが望めます。逆に、自社に専業で更新業務を行うスタッフを固定させる場合、規模の増減などの変化に見合わず、人件費がかさんでしまう可能性があります。
運営方針の変更に柔軟に対応するために
img18.png
更新専業スタッフなどの固定されたリソースは、更新件数の増減に柔軟に対応することが難しいという問題があります。例えば成長期にあるサイトは、大幅にコンテンツを増加させる時期もあれば、諸条件の判断により更新頻度を大幅に減らすこともありえるでしょう。
この際、固定されたリソースだと、その更新業務の規模に見合わず人件費がかかってしまう可能性があります。一方、外部委託する場合、その件数分のコストしかかからないので、ある種のリスクヘッジとなる取り組みにもなるのです。
つまり成長期にあるサイトの更新業務こそ、コストカット・リスクヘッジの観点から、アウトソースが効果的なのです。
本事例の不動産情報サイトも、地域拡大に伴う大幅な更新と、日々追加される物件の更新など、異なる規模感の更新業務が存在しました。そこで、更新業務の外部委託することで、リソースを持て余すことなく、柔軟に対応することができました。
ECサイトなどでも大幅なコスト削減に
このような運営・更新業務の代行が効果的なケースは多く存在します。特に情報量の多さや、更新頻度の高さが売りになるになる情報サイトやECサイトにおいては、更新業務の外部委託によりコストカットができる可能性があります

案件の概要
お客様業種:不動産情報サイト
概要:画像トリミング・文言作成・更新代行
数量:継続更新業務
情報ソース:物件情報・画像のご提出
納品:サイト上での更新・公開
納品形式:-
入力条件:-
事例に戻る
ページの上部へ戻る