アウトソーシングは高い!予算がないからムリ!これって本当?

仕事を抱え込み、ネコの手も借りたい!と思うことは多々あります。

 

ところが実際にアウトソーシングなど社外の手を借りることについては、「高いからムリ」「予算がないのにできるわけない」と思い込み、検討しないケースも多いのではないでしょうか。

事例コスト切り詰め!膨大な入力を社内で行うM社の場合

化粧品メーカーM社では、新たな世代層に向けたコスメを展開することになりました。商品にはプレゼントが当たるアンケート付き応募ハガキを同梱し、顧客の声を今後のマーケティングに生かしたいと考えています。

アンケートはスマホ等でも回答できますが、顧客の年代を考えると、ハガキでの応募が半数以上を占めると予測されます。商品は全国のドラッグストアや大型スーパーなど幅広いショップで取り扱われ、アンケートは膨大な数になると見込まれます。

 

M社の従業員は200名程度と中規模。限られた人材で多くの業務を担っているため、本業に追われる社員たちとしては、今回のようなデータ入力などの業務は、社外に依頼したいのが本音です。

ただ、アウトソーシングは高いというイメージがあり、予算がないことを思うと、上司に提案するのさえ、あきらめているのが現状です。

 

アウトソーシングを一面的に捉えれば、確かに、社内で実施している業務を外注するのですから「コスト増」であるかもしれません。でも、本当にそうなのでしょうか? 本業に専念すべき人材が単純なデータ入力などに時間を割くことは、果たしてコストを押さえることにつながっているのでしょうか?

実は社内実施よりおトク!予算に合わせて最適提案いたします

M社のケースには「アンケート入力」「応募ハガキ入力」が最適です。紙ベースで回収した応募ハガキの属性、アンケート回答などを入力し、エクセルなどにデータ化します。

 

当社でアンケート入力を行った場合、アンケート41項目(択一選択20問+複数選択20問+自由記述50文字と想定)×1,000件分なら、5営業日で納品でき、料金も60,000円程度からお引き受けできます。一方、同じ内容を社内で実施すれば、倍以上の時間と人件費がかかることでしょう。

 

さらに当社は独自のチェック体制のもと入力を行うことで、99.98%以上の精度を保っています。社内で不慣れな社員が入力を行った場合、おそらくこの精度で仕上げるのは難しいのではないでしょうか。

 

うるるBPOには、3,900社、19,000件以上のアウトソーシングをお引き受けしてきた実績があります。その経験から当社の営業アドバイザーは、お客様の業務上の悩み、予算を丁寧にお聞きしたうえで、最適な提案をいたします。予算に合わせてリソースなどを調整できるのが当社の強みですので、「予算がないからムリ」とあきらめる前に、ぜひご相談ください。

さらにできること

当社では、私書箱を用意し、応募ハガキの回収からデータ入力、プレゼント商品の発送まで一連の業務もお引き受けしております。さらに、アンケートのデータ化の際に「アンケート集計」を行うことも可能ですので、ぜひご利用ください。

M社の成果

営業アドバイザーに相談し、アウトソーシングは高い!というバイアスを払拭したM社。応募ハガキの入力、アンケート入力を依頼したところ、社員の本業への意欲が活気づき、アンケートデータの分析に素早く取りかかれたそうです。今後はハガキの回収なども含めた一連業務を依頼したいとのことです。

お困り事一覧に戻る
ページの上部へ戻る