付随業務にかかる人件費がバカにならない!賢く削減する方法は?

入力、スキャニング、資料や書類の整理などの付随業務。多くの職場では社員が本業と平行するか、専従者をアルバイトなどで雇用して行っているのではないでしょうか。もしかするとその方法、人件費の賢い使い方とは言えないかもしれません

事例毎月の入力・スキャン作業の担い手に困るB社の場合

B社で発行している女性向けの月刊誌。読者分析の緻密さに定評があり、毎月寄せられる読者アンケートから導き出したデータを、雑誌の企画に生かすとともに、広告販売のセールスポイントにも利用しています。

 

そのアンケートハガキの膨大な処理作業は、これまでアルバイト社員が担ってきました。ところが来月退職することが決まると、今回を機にハガキの処理作業をはじめ、アルバイトに依頼してきた付随業務の人件費を削減するよう、会社から命じられてしまいました。
ハガキに関しては、回答者の属性や選択項目を入力・集計する作業と、自由記述をスキャニングする作業があります。自由記述を入力しないのは、時間がかかりすぎるためです。

 

今後この作業を社員が本業の傍らで行うには、あまりにもハードすぎます。どう人件費削減と作業の折り合いをつけるのか悩ましいところです。

 

社員が本業に割くべき時間を付随業務に充てることは、人件費の本質的な削減にはなりません。そもそも社員がやるべき仕事ではないからこそ、アルバイトに依頼してきた業務です。新たな人手を考える必要があるでしょう。

精度、スピード、コスト。いずれもアウトソーシングがお得です!

読者ハガキの処理作業にお困りでしたら、「アンケート入力」をご利用ください。択一問題、複数選択問題、手書きの自由記述を入力してデータ化いたします。原則として同内容を2名で入力し、それぞれのデータを照合することで相違=誤入力を検出するため、99.98%の高精度を維持しています。また、多彩かつ豊富な人材リソースにより、それだけの精度を保ちながらもスピーディーな納期が可能です。例えば、41項目×1,000件のアンケートなら、5営業日以内で納品いたします。

 

気になるコストは、41項目(択一20問+複数選択20問+自由記述50文字仮定)×1,000件で6万円から。自社で専従者を雇用して十数万円以上を毎月支払うよりも、人件費をぐんと抑えられます。

 

B社の場合、自由記述の入力を断念してスキャニングで対応していたようですが、当社にお任せいただければ自由記述の入力もスムーズです。従来どおりスキャニングをご希望でしたら、別途「ドキュメントスキャニング」サービスもご利用いただけます。

さらにできること

入力したアンケートの集計作業も当社でお引き受けいたします。単純集計はもちろん、クロス集計も可能です。ご指定の方法で納品いたしますので、使用用途などをご相談ください

B社の成果

アルバイト社員が行っていた付随業務をすべてアウトソーシングに移行。人件費を半分以下に削減できたうえ、業務のフォローやマネジメントが不要となったことで、社員がより本業に専念できる環境が整いました。

お困り事一覧に戻る
ページの上部へ戻る