イベント終了後すぐにアンケート集計の必要が…!そんな時どうする?

鮮度が重要! 何としてでも今すぐやらなければ!

仕事をしていると、そのような機会にたびたび出くわします。そのタイミングを、人手不足やスケジュールの都合で逃してしまうのはもってのほか。社内のリソースで無理ならば、外部の手を借りてスマートに解決する方法があるはずです。

事例展示会でのアンケートを早急に集計したいH社の場合

H社は電機メーカー出身の若手技術者が数人で起業したベンチャーです。起業後初となる製品のローンチを来月に控え、ここ数ヶ月は最終調整やチェックに忙殺されています。
まだ若いベンチャーゆえ、ある程度の人手不足は仕方がないと割り切っているのですが、手がまわらないことによるスピード感の遅れは気になるところ。すぐにやらなければならないことすら、滞りはじめているのが現状です。
ローンチ2週間前には大規模なイベントへの出展も控えているH社。来場者に製品を試用してもらいアンケートを取り、その結果をプレスリリースに反映させて、ローンチの日にはメディアに発信したいと考えています。

そのためには、展示会が終わり次第早急にアンケート集計を行い、プレスリリースを作成しなければなりません。しかし、H社に余裕がないのは前述の通り。スピーディーかつ正確にアンケート集計をしてくれる知人はいないものかと交友関係を当たりつつも、見つからないまま時間だけが過ぎています。

このような急ぎのケースは、文字どおり展示会が終了した “直後”にでも集計に取りかかりたいところです。知人に頼むのは一見楽なようで、コストやスケジュールなどあらゆる面で余計な気を使うことになりかねません。ここはアウトソーシングでプロに任せるのが、最適ではないでしょうか。

41項目入力+単純集計で7営業日以内には納品できます!

解決ソリューション

うるるBPOの「アンケート入力・集計」サービスをご利用いただければ、アンケート処理の作業に精通したオペレーターが、ご希望に合わせた内容でスピーディーにアンケートの入力から集計までを行います。

コストは、入力においては択一問題が0.5円/件〜、複数選択問題が1.5円/件〜、自由記述が0.4円/文字。単純集計は一式15,000円〜、クロス集計は一式30,000円〜と、気軽にご依頼いただける料金に設定しております。

料金と納期をイメージしていただくために例を上げてみましょう。例えば41項目(択一選択20問+複数選択20問+自由記述50文字想定)のアンケート1000件の入力と単純集計をご依頼くださった場合、総額は75,000円(税別)ほど。アンケート集計の5営業日+集計の2営業日=7営業日以内には納品が可能です。

さらにできること

日時やエリアによっては、イベント会場までアンケートの原本を回収にうかがうことも可能ですので、郵送作業の手間や時間も短縮できます。ぜひ営業アドバイザーにご相談ください。

H社の成果

アンケートの入力と集計をアウトソーシングしたことで、スピーディーに集計データを得られたため、プレスリリースを練る時間をしっかり確保できました。そのおかげか、製品は予想以上に高い注目を得ることができ、幸先のよい滑り出しとなりました。

お困り事一覧に戻る
ページの上部へ戻る