データ形式

読み :でーたけいしき

データ形式とは、パソコンのファイルの中に入っているデータを記録する際の方式のことだ。データ形式の種類は複数あるが、最も多いのはファイル形式だ。ファイル形式というのはパソコンのOSやデータを作成したアプリケーションなどによって定まっている方式のことだ。それぞれの場合でデータ形式というのは変わってしまうため、パソコン同士であってもそのファイルを開けないということもある。

データは保存をする際に必ず名称をつけることになっている。その名称を検索することによって、パソコンの中にある大量のデータをすぐに見つけだすことができる。またデータは仕様に合わせて変更することも可能だ。データ形式で保存できるファイルは文書や画像などがある。

用語集トップに戻る
ページの上部へ戻る