入力代行

読み :にゅうりょくだいこう

入力代行とは、会社などで必要とされる書類を紙に記してあるデータからパソコン用のデータとして入力する作業を社外アウトソーシングして行うというものである。現在はインターネットを通して、誰でもでき尚且つ大量に作業を必要とする仕事は外注するケースが非常に多くなっている。そのなかの1つに入力代行があるのだが、流れとしてはまず発注側が請負う側に対して、どのぐらいの量のデータでどのような形式のデータにしてほしいのかということを説明し、決められた単位で金額を提示する。

またその際には必ず納期を示すことにもなっている。その金額と仕事量、そして納期が請負う側からみて妥当であると判断した場合に入力代行としての仕事が成立する。最近ではデータ入力を専門に行う個人や会社も多くなってきている。

用語集トップに戻る
ページの上部へ戻る