入力仕様書

読み :にゅうりょくしようしょ

入力仕様書というのは、データを入力する作業の前に、どのようにやってもらうのかということを詳細に説明した書類のことである。入力仕様書にも様々なパターンがあるが、どの場合であってもそれを相手に渡して読んでもらうだけで間違いなくきちんとしたデータを作ることができるというものにしておく必要がある。

まずはデータを格納する名称がある。この名称が間違ってしまうとデータを探すことができなくなるため必須である。またどのようなデータ形式で保存してもらうのかということも重要である。もし違う形式で保存してしまったら、手元に戻って来た時に開けないということもあるかもしれないからである。

用語集トップに戻る
ページの上部へ戻る