目視チェック

読み :もくしちぇっく

目視チェックとは、入力されたデータを人の目でチェックする作業のことである。機械などのツールを使う場合には目で視て確認するということにはならないが、実際に人が自分の目で1つ1つデータを確認していくという作業は目視で行うということになる。目視チェックの行い方というのは、シンプルに人が実際に入力されているデータを自分の目で確認し、間違いを見つけていくというものである。

少しのデータならそこまでミスはないが、大量のデータの場合にはその量に比例してミスも多くなってしまう傾向がある。また機械のツールとの違いは、人の場合はそのミスが起きた理由や、起きているミスがどのようなミスなのかということがわかるということだ。これがわかることによって、ミスを減らすことができるというメリットもある。

用語集トップに戻る
ページの上部へ戻る