レセプト入力

読み :れせぷとにゅうりょく

レセプト入力とは、医療機関において診療内容についての費用を計算し保健組合などに対して金額を請求するための必要なデータを入力する作業のことである。この作業というのは医療機関にて事務員として入っている場合には、必須の作業となる。現在ではどこの病院でもパソコンで入力を行うことにはなっているのだが、その場合にはあらかじめレセプト入力のためのソフトウェアが導入されている。

しかし、せっかく専用のソフトウェアがあったとしても、レセプトに関する知識がなければ入力を行うことは困難となる。そのためレセプト入力を行う人というのは、一定のレベルの勉強を行いその実力を認められた上で作業を行うことができるようになるというのが一般的である。

用語集トップに戻る
ページの上部へ戻る