連想入力

読み :れんそうにゅうりょく

連想入力というのは、様々にある入力方法の1つである。私たちは日頃から日本でデータを入力する際に、必ずといっていいほど漢字を入力しなければいけない。しかし漢字を入力する場合にはそれだけ文字数が必要となり、入力を行う際に時間ロスとなってしまう。そのため漢字を効率的に入力することができる方法として、連想入力がある。

この入力においては、漢字一文字を入力する場合に2回のタッチでコードにて対応するようになっている。ただし入力についてはローマ字入力とひらがな入力という方法があるため、どちらでも方法が変わってきてしまう。ローマ字入力を行う場合には、読みを入力してから変換キーを行う必要があるのだが連想入力の場合は関わりのある言語を入力するだけで完了することができる。

用語集トップに戻る
ページの上部へ戻る