今すぐにでも資料をデータ化したい!合理的な手段は?

急な会議、急なプレゼン、急な講演…ビジネスシーンでたびたび起こる「急な○○」。限られた時間、限られたリソースで対応しなければならない場合は、いつも以上に賢く効率的な手段を選択する必要があります。

事例急な講演依頼に資料整理の余裕がないSさんの場合

複数の大学で講師を務めるSさん。授業の資料作成やメディアへの執筆などに追われる中、プライベートでは2人の子どもの母親業もあり、時間に追われる毎日を送っています。
そんなSさんがピンチヒッターとして急遽、二週間後のとあるイベントにて講演を行わなければならなくなりました。

 

まずは今すぐ、データのない資料をデータ化し、バラバラになっている資料を揃えることが必要です。それらをもとに講演用の原稿作成、投影用と配布用資料の作成を行わなければなりませんが、ただでさえ講演まで日程がないところ、毎日時間に追われているSさんですから、当然のことながら時間に余裕がありません。
単純作業でいて時間を要する「資料の整理」を、今すぐ頼める人がいないか考えてみましたが、知人や学生に頼むとどの程度時間がかかるか不明ですし、ビジネスライクに依頼できないので余計なストレスを抱えそうです。

 

これまで積み重ねてきた資料を、改めて編纂しなければならないSさんのようなケース。自力ですべて解決しようとすれば、何時間もかけて1つのファイルを探すようなことにもなりかねません。このようなケースには、原本をごっそり渡すだけでデータとして丁寧に整えてくれるアウトソーシングを利用するのが合理的です。

高精度なデータ化をスピーディーに短納期で実現します!

データ化されていない資料をとにかくデータにしたい場合は、「テキスト入力」「ドキュメントスキャニング」で解決しましょう。
「テキスト入力」は、データを紛失してしまった資料など、紙でしか所有していない資料の文字を入力して、TXT やDOCなどの形式でデータ化します。一方、文字の編集が不要な資料でしたら、「ドキュメントスキャニング」によるスキャンでのデータ化もおすすめです。

 

Sさんのようにスピード勝負の場合も、ご安心ください。独自に連携している豊富なリソースにより、「テキスト入力」は例えば10万字の活字入力の場合で、原本お預かりから5営業日以内に納品が可能です。「ドキュメントスキャニング」は原本の仕様にもよりますが、500枚スキャンで2〜3営業日以内の納品が可能です。また、スピーディーであっても抜群の精度(入力は99.98%以上を保持)で納品いたします。

さらにできること

グラフや図などを多用した資料の場合は「レイアウト文書作成サービス」も便利です。お預かりした資料と同様のレイアウトを、グラフや図も含めて新たに作成いたします。50ページ程度、EXCELやWORDでの作成なら、5営業日以内で納品いたします。

S社の成果

必要になりそうな資料を一括で預けて適宜データ化。講演準備の時間短縮のつもりで利用したアウトソーシングでしたが、講演原稿や資料づくりに意識を集中させることができ、時間短縮以上のメリットを感じたそうです。

お困り事一覧に戻る
ページの上部へ戻る