ANK

読み :あんく

ANKというのは、1バイト文字のことだ。これは日本工業規格において決まっている。コンピューターにてプログラミングなどを行う場合は、扱うことができる文字が決まっている。アルファベットや数字、カナなどがあるのだがこれらの頭文字を取ってANKと呼んでいる。ただしどれもが全部ANKと言われているわけではなく、あくまで半角文字だけがこのように言われている。

もし全角文字の場合であればこのように表現されることなく別の名称がある。半角文字である理由というのは、そのデータの大きさというのが決まっているからだ。またこの文字の中には漢字は絶対に含まれない。漢字は文字自体が大きすぎるという理由から、別文字の扱いとしている。

用語集トップに戻る
ページの上部へ戻る