• 株式会社うるるBPOのBPOサービス
  • 株式会社うるるBPOの事務局代行サービス

お電話でのお問い合わせ

電話マーク0120-269-356

受付時間 : 平日 10:00~19:00

webでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム
プライバシーマーク ISMSマーク

株式会社うるるBPOは、プライバシーマーク(個人情報保護)に加えて、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の認証を取得しております。

うるるBPOのデータ入力代行事例

過去にお請けした業務内容とお客様の一部をご紹介いたします。
様々なBPO案件を請け負っておりますので、ぜひご検討ください。

案件の概要

お客様の業種:出版会社様
ご依頼内容:書籍のテキストデータ入力代行
数量:15万文字
情報ソース:原本書籍(断裁ok)
納品方法:メール添付
納品形式:.txt

ご依頼の背景

自社で発行した販売書籍を再販するべく、文字打ちをして欲しいとのこと。古い書籍で社内にデータが残っていないということでした。

作業フロー

原本書籍は断裁してokということでしたので、断裁してスキャン、PDF化をして中国センターで2名一致のダブル入力を実行しました。

ご提案内容

テキストベタ入力は、原本に印刷されている様な体裁のまま入力する作業ではありません。ページや改行位置や強調文字(太字)は原本のみためとは違います。※事前の要件定義にて記号に置き換える(例:改行の場合には全角のスラッシュ”/”にする等)
出版会社様や印刷会社様ではDTP編集の部隊がおられることが多い為、そうした入力方法がむしろ好ましいとされることが多いのですが、簡易的にプリントしたい、社内で使用するだけにとどまる場合には原本レイアウトを忠実に際限した「レイアウト入力」も可能です。図やグラフや数式がある場合には数式エディターを使用して作成・入力したり、原本スキャンをトリミングしてコピペ挿入したりと、そうした作業対応も可能ですとご提案しました。

うるるBPO から一言

書籍の入力作業を実施する際には注意することがございます。「著作権侵害」に抵触しないかどうか、です。著作物の複製行為は、PDFでスキャンすることは勿論のこと、タイピングして情報をエクセルやワードに起こし、編集著作物を有形的に再製することも含まれます(著作権法2条1項15号)。こうした複製行為は、私的利用のために行うのであれば許されますので(著作権法30条1項)、依頼者様がご自身で作成する分には問題はありませんが、弊社の様な業者が関与する場合には、私的利用の範囲を超えると判断される可能性があります。従いまして、書籍のデータ入力のご相談時には著作権について必ず確認をさせていただくとともに、場合によってはご依頼を辞退させていただくこともございますこと、ご了承ください。
ちなみにもし、依頼者様が出版元に許諾をとっておられた場合には、弊社がお請けすることに問題は無いと考えれます。※依頼者様が許諾をとったことを確認するための確認書にサインしていただいて業務を進めることになります

事例トップへ データ入力代行サービス一覧
ページの上部へ戻る